家を長持ちさせるなら外壁塗替えがおすすめ

マイホームを持つ人は自分の家の寿命をできるだけ延ばしたい事と思います。
長く自分の家を使い続けたいと思うのは当然ですが家は建てた時点から徐々に劣化していつかは朽ちていきます。

しかし家の寿命は、延ばすことは可能です。外壁塗装で家の外壁の塗り替えを行う事もその方法のひとつです。
外壁塗装を行うと、家を劣化させる雨風、気温差、汚れ、紫外線、虫などの脅威から自分の家を守る事がでます。塗装剤によって、建物をカバーするイメージです。

建物に対する脅威が少なくなれば、それだけ長く使い続けられる事も多いです。
それどころか塗装が劣化しても外壁の塗り替えを行わないと、家の寿命が短命になってしまいます。
ですからできるだけ自分の家をできるだけ長持ちさせたいと思う方は、外壁の塗り替えをおすすめします。

外壁塗替えの目安
外壁塗替えの目安は、一般的に新築の場合で10年だと言われています。とは言っても、築10年の家の場合、家によっては、まだまだ、きれいな外壁を維持している場合も多く、一概にどの家においても、10年で必ず外壁塗装が必要になってくるとは限りません。

そこで、自分で外壁塗装の時期を見極める目安としては、まず、チョーキング現象が起こっているかと言う点がポイントになってきます。

指で外壁をこすった場合、コーティングが保たれている外壁の場合、指に何か付く事はありません。しかし、外壁塗装が必要な時期になっている場合、指に白い粉が付いてしまうのです。

これは、外壁のコーティングがはがれてきている合図になります。その為、外壁塗装が必要な一つの目安となってくるのです。
その他、外壁に継ぎ目にあるパッキンの劣化や外壁にコケなどが生えてきている場合も外壁塗装が必要に時期になっている合図になります。
その為、これらの現象が見受けられた場合は、外壁塗装が必要な時期に来ていると考えて良いかと思います。

家の外壁塗装を検討する場合、その費用がネックになってくると思います。そんな時は家の外壁塗装 費用相場が参考になるでしょう。

自動車免許の取得は教習所を選んでいこう!

車に乗るには自動車免許が必要。
これって当たり前のこと。

たまに無免許で運転して捕まっている人もいますが、
やっぱりそれはいけない事であって、
犯罪ものになっています。

自動車免許の大切さ。
貴重なものになりますよ~。

自動車免許が欲しくて教習所通い。
その前にどこの教習所にいこうか検討中??

料金設定もいろいろある??
色んなプランも好評されています。

また、教習車も最近は凝ってきている??

可愛さをアピールしたり、
エコカーを導入したり・・・。

教習所も生徒の取り合いになっているのかもしれませんね。

色々苦労した結果、自動車免許の取得を無事終え・・・。
懐かしき思い出。

今は自動車免許歴が長いドライバー??
それでいてゴールド免許だったら最高ですよね。
ってかゴール免許でいて欲しい気がしますよ。

そんな人たちばかりだと、
安全に暮らせそうな世の中。

これこそ、無事故無違反っていうのでしょう。

自動車免許は大事にしましょうね!

自動車免許と持病について

最近ニュースでよく聞くのが、『てんかん』などの持病を持った人がそれを隠して、運転する仕事に就職して、仕事中に事故を起こし、道路を歩いていた歩行者などが犠牲になるという件です。

今は仕事中であったことが問題となっていて、持病を知っていて雇ったのか、本人が隠していたのか。
確かに、仕事でハンドルを握るとなると、普通の人より車に乗ってる時間も多いですし、運転中に持病が発生する可能性も高くなりますよね。

では、てんかんなどの持病を持ってる人は、仕事上は問題なくてもプライベートでハンドル握るのは大丈夫なのでしょうか?

私自身が花粉症で、春先になると、鼻水がだらだら流れて、運転に集中できないところに、くしゃみ連発で、よそみすることも多々あります。
気をつけてはいますが、やはりヒヤッとすることも。

病気の程度などによって運転免許を交付するのは難しいとは思いますが、まずは自動車免許証に運転中に事故を起こす可能性のある持病などを記載するよにして、仕事には就けないようにしたり、また、程度によって運転時間を規制したりすることが自動車免許に必要かもしれませんね。

自動車免許をとるなら合宿免許がおすすめです
有名な合宿免許

車の任意保険、事故時の対応

先日、親戚が旅行先で事故を起こしました。
事故の内容は追突なのですが、追突した車にはもちろん運転手がいたので、怪我の具合はそこまで ひどくなかったのですが、1週間程度の打撲だったので、人身事故ということに。

そこまでは親戚も納得なのですが、親戚が加入している任意保険会社の担当者。
事故を起こした県の人と、加入した県の人と二人いるらしいですね。
多分、相手の任意保険会社やら警察とかのやりとりの関係で、事故を起こした県にも担当者がいるんでしょうけど、その県の担当者から「誠意を見せて欲しい」と言われたそうなんです。

誠意って、通院費や車の修理代、その他にかかる費用は保険で賄われるので、被害者に負担はありませんし、それでも精神的なものや、通院に掛かる労力を考えても、多少の誠意は必要だとは思いますが、大体、被害者に直接お詫びして、何か数千円程度のお菓子でもお渡しするものかな?と思うのですが・・・。
その担当者、「誠意、誠意」とうるさいらしいです。

で、よくよく聞いてみると、その事故を起こした県では、その誠意っていうのが当たり前らしいんですね。
私が事故の被害者だった場合は、車の修理は相手の保険でしてもらいましたけど、直接の謝罪も誠意もなかったですし、 こちらも車がきれいに治ればそれでいいと思っていたんですけどね。
知らない街での事故はほんとに知らないことばかりで怖いですね。

車の任意保険を一括見積もり
任意保険 車の保険は自動車保険一括見積もりで。一番安い任意保険がわかります。

FPの保険相談
保険のプロの保険相談が無料で受けられます。保険無料相談でしっかり節約。